ページ上へ

初心者向きの資産運用

資産運用初心者のイメージ

資産運用と偏に言っても様々な種類があります。
これまで投資経験のない方は、簡単に始めることができて、運用中の手間が少ないものからやってみるのが良いでしょう。

最初から難しいものをやろうとしても、それこそその複雑さに挫折してしまう可能性があります。
また、リスクの面も考慮する必要があります。
例えばFXなどは、うまくいけば大きなリターンが見込めますが、その分失敗した時のリスクも非常に大きいです。
資産運用どころか多大な借金を抱えてしまう可能性もあるため、初心者が安易に手を出すべきではないでしょう。
こちらのページでは、資産運用初心者の方が選ぶべき方法を一覧にまとめ、それぞれの特徴を解説いたします。

投資信託

投資信託について考える人

投資の専門家にお金を預け、それを運用してもらって出た利益に応じてリターンが得られる仕組みです。
運用が必ずうまくいくという保証はないですが、投資対象の選定さえすれば、あとは面倒な運用を専門家が受け持ってくれるので、始めるにあたって特別な知識などは必要ありません。
また、最近では100円からなど小額で始められる投資信託も増えてきており、お試しで始めるのには最適と言えるでしょう。

ロボアドバイザー

自動で運用法を考え出すAI

ロボ(AI)が投資家に対してアドバイスや運用の代行をしてくれるサービスです。
お金を預けて運用を任せる、という点では投資信託と共通している部分もありますが、両者は細かい点で異なります。
ロボアドバイザーのメリットとしては、投資家のリスク許容度に合わせた最適なポートフォリオを構築、それに合った商品選定や調整まですべて一任できる点にあります。
手間、という観点から言えば投資信託よりもさらに初心者向けと言えます。

年金型の保険

年金型の保険への投資

日本で生命保険と言うと掛け捨て型が一昔前までは主流でした。
掛け金が小額である分、満期までに何も起きなかった場合にも掛け金は戻ってこないものです。
最近では、外資系の保険会社の中心に「年金型」の保険商品も増え、それに加入している人も多く見かけるようになりました。
こちらは掛け金が高くなる分、将来的には年金のように毎月給付を受けることにより、掛け金以上のリターンが見込めるものです。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングという新しい融資の仕組み

お金が必要な企業または個人に対して、ソーシャルレンディングの運営会社を通じて融資することにより、決められた利息を得ることができます。貸したい側、借りたい側のニーズをつなぐサービスとして、近年注目を集めています。
銀行預金などに比べて圧倒的に高い利回りが見込め貸している期間中に手間が一切かからないところも好材料です。
しかし、常に融資先のデフォルト(返済不能)リスクがあることを踏まえて、融資先などは慎重に選ぶ必要があります。

金投資

安全な投資先である金

株価と金の価格は相反する」と言われてきたように、金は株価が不安定な時に、安全な投資先として選ばれ価格が上昇する特徴を持っています。
最近ではこの法則は以前ほど顕著ではなくなってきたようですが、それでもいまだ根強くその色を残しています。
金それ自体に価値があるため、現物で持っておくだけで為替動向の影響による資産の目減りを防げるなど、リスクヘッジになります。
配当などはないため、大きなリターンは見込めませんが、安定した投資先として初心者の方にもおすすめです。

思っているよりも簡単!

ご紹介した運用方法はいずれも比較的簡単に始めることができ、その後も基本的に手間がかかることなく管理がしやすい、という点で初心者の方におすすめです。
私もロボアドバイザーを使った資産運用から始めましたが、税申告の面でもまったく手間はかかりませんし、基本的に放置しておいて大丈夫なので本当に楽でした。

想像していたよりもずっと簡単に始めることができたこともあり、資産運用というものへのイメージが変わったきっかけとなりました。
どの方法でも良いので1つ始めてみるところからです。

よくわからないし、難しそう・・
それは資産運用を始めないでいる自分への言い訳になっていませんか?
知識0から誰にでもできるこれらの資産運用から、まずは始めてみましょう!