ページ上へ

NISAとは

NISAのイメージ

NISA(ニーサ)というワードはテレビのCMなどで耳にしたことがある人も多いかもしれません。
2014年から始まった、株や投資信託などの投資で得た利益を一定額まで非課税とする制度です。
これから投資による資産運用を始める、という方は絶対に見逃せません。

現行のNISAでは、年間最大120万円までの投資を対象に、5年間に渡ってそこから得た利益を非課税とする仕組みとなっています。
この非課税投資枠は翌年に繰り越したりはできず、常に年間最大120万円となります。
そしてこの枠は、投資対象を売却しても復活しません。
買った株や投資信託を長期的に保有しておくこと、これを前提に設計された制度と言えるでしょう。

NISAの仕組みを表す図

税金面でのメリット

NISAの節税としてのメリット

投資で得た利益には、本来20.315%の税金がかかります。
しかし、NISA口座を通じて購入した投資対象から利益が発生した場合、この約20%の税金が免除となるのです。
例えば、ある年にNISA口座を通じて投資した120万円が、とんとん拍子に5倍にまで価値が膨れ上がったとします。
資産価値としてのプラスは480万円であり、本来ならばこれに対して約96万円もの税金がかかるのです。

NISA口座を通じて投資をしていれば、この税金が0円になります。
ここまで運用がうまく行くことは稀であり、極端な例かもしれません。
そして投資による資産運用が必ずプラスになるとは限らず、逆に損することだってありえます。

しかし、うまくいった時にNISAを使っていれば確実に節税効果は生まれます。
口座の開設にお金がかかる
口座の維持にお金がかかる
などといった金銭面でのデメリットはありませんので、利用しない手はないでしょう。
強いて言うなら、普段から投資を本格的にやっている方からすると、NISA口座だけ別個独立している分、管理が面倒になるくらいでしょうか。
これから投資を始める方は、このNISA口座の非課税対象の枠内だけで運用するのも良いかと思います。

期間が延長

本来2023年で終了する予定だったNISAですが、少しルールが変わった上で5年間延長されることが決定しました。
多くの人に認知・利用され、この制度がうまく機能して効果的だったことの表れかと思います。
2024年以降の新NISAでは、従来の「つみたてNISA」(後述)の利用を前提とした上で、現行NISAも利用できる、そんな2段階制の仕組みとなっています。

新NISAの仕組み

NISAとつみたてNISA

通常のNISAとつみたてNISAの違いについても触れておきます。
その名の通り、つみたてNISAは長期的にコツコツ投資資金を増やしていくことを重視したものであり、通常に比べると非課税対象枠が少ない代わりに、非課税対象期間が長くなっています。
投資の対象はやや制限されますが、非課税対象枠の総額は通常のNISAよりも多くなっているのも特徴です。

NISA 積立NISA
非課税(投資)枠 年間最大120万円 年間最大40万円
非課税対象期間 5年 20年
最大非課税対象額 600万円 800万円
投資方法 制限なし 定期・継続的
購入できる商品 投資信託・上場株式 指定内の投資信託・ETFのみ

非課税対象枠が少ない、といっても年間最大40万円。
月で言えば3万円以上となります。毎月3万円ずつ積立で投資に回すことができれば、充分将来に向けた準備は可能かと思います。
あとは自分にどちらの口座が合っているか、色々なシチュエーションを想定して決めると良いでしょう。(通常のNISAとつみたてNISAを併用することは、現状できません。

NISA口座を作るには

NISAの口座を作るには、まずネット証券会社の総合口座を開く必要があります。
流れとしては、以下のようになります。

NISA口座開設の流れ

返送した書類を証券会社が確認し次第の開設となりますが、現在どの証券会社でも申し込みが増えているようで、確認に1ヶ月ほどかかることもあるようです。
やはり早めに準備をしておいた方が良さそうですね。

NISA口座を開設するなら

手数料であれば安く、取り扱っている金融商品の多い証券会社を選ぶと良いでしょう。
以下の3社が総合的に見ておすすめです。

言わずと知れたネット証券界のナンバーワン。NISA口座の開設数においても業界のトップを走っており、多くの人が利用しています。手数料の安さはもちろんですが、取り扱っている投資信託商品の数の多さからも、その利便性の高さが伺えます。

楽天証券でのNISA口座開設のメリットとしては、国内株式手数料0円や海外ETF買付手数料全額キャッシュバック、そして何よりもグループ内で共通のポイントプログラムにあります。ポイント還元の面では他社を圧倒しているので、楽天ユーザーなら迷うことなく選ぶべきです。

ネット証券会社としての実績が長い松井証券も、信頼できる証券会社としておすすめです。 NISA口座で「投資工房」というロボアドバイザーを利用することもできるので、運用の仕方や商品の選定に自信がない初心者の方でもスムーズに開始することができるでしょう。

この制度の意義

NISAという制度を導入した日本政府の意図は、それまで貯蓄という形でなかなか動かなかった国民の資産を、市場に出させようというところにありました。
こうすることにより経済が活性化し、それがそのまま株価の上昇という形で国民に還流するという相乗効果を狙ったのです。
これ自体はうまくいった面もあれば、そうでない部分もあったと言えます。

またこれとは別で、終身雇用が当たり前、定年退職をしたら退職金をもらって年金生活、という社会生活のテンプレートが崩れたことに対しての警鐘とも捉えることができます。
これまでの仕組みが良かったかどうかはさておき、時代が変わったのであればそれに合わせて考え方も変えていく必要があります。
自分自身の将来のための資金作りは、積極的に自分で行っていくことが求められる時代になった、そう言って良いでしょう。

NISAはそれを支援するための一つの制度です。
よくわからないから、と後回しにせず、まず動いてみることが大事です。