ページ上へ

外貨預金って何?

外国為替レートを表す画面

外国の通貨を預金することです。
外貨の価値は為替レートによって常に変動しています。預金を開始した時点よりも円高になると、日本円に換金する際に損をしてしまいます。
逆に円安が進めば外貨の価値が上がるため、得をします。

このように為替レートの変動によって影響を受ける、という点には注意が必要です。
こちらのページでは、外貨預金の特徴やメリット、そして資産運用初心者への適正について解説いたします。

外貨預金の特徴とリスク

現代の日本の金融機関への預金金利は、ご存知の通り絶望的に低い状況です。
それに比べると外国の方が金利は高い傾向にあるので、外貨で預金をしておくことは利息の面で利益を期待できます。
特に新興国などは、より資金を集めやすくするために高い金利に設定しているケースが多く、こういったところの外貨を持っておくと利息で大きなリターンを期待できます。
ただし、新興国の経済や政治情勢は不安定な場合も多く、デフォルトして預金が消滅してしまうようなリスクを孕んでいることも理解しておかなければいけません。
資産運用にギャンブルの要素を持ち込むのは危険です。世界的にも信用があるドルやユーロあたりから始めるのが無難でしょう。

日本円への期待の低下

ドルに対する円の価値

今の時代、日本円での預金にメリットはほとんどありません。
超低金利であることも大きな理由の一つですが、何よりも日本円に対しての期待度が低くなりつつあるのが明白だからです。
従来は世界的に経済状態が不安定になると、安全な投資先として選ばれていた日本円は高騰していく傾向にありました。

しかし、最近ではこの法則が崩れつつあります。これは世界的に見て日本円に対する期待が弱まってきている証拠です。
仮にこの先日本円の価値が下がることを前提とした場合、日本円だけで資産を形成しているのは大きなリスクとなります。
その点、外貨で預金を持っておくと、長期的に日本円の価値下落に対するリスクヘッジとなります。外貨預金の最大のメリットはこのリスクヘッジに他なりません。

初心者の方は積立購入を

今後どの国の通貨が値上がりするか、これを完璧に見抜いてピンポイントでそこに資金を回すのは至難の業です。
まず、投資先として選ぶ通貨ですが、ドルやユーロなど信頼のおけるものから始めましょう。FXでレバレッジなどを掛けるのは危険ですので、まずは現物での預金から始めてみると良いでしょう。

現物で持っておく限りは、大きく損をする危険性はほとんどありません。
また、投資初心者の方からすると、「いつ」買うべきなのかもなかなか難しいポイントとなります。
理想は値下がりしている時に購入し、それが値上がりしていくことですが、そのタイミングを見抜いた上で、全資金を投入することなどほぼ不可能だと言えます。

初心者の方は欲張らずに、積立購入を選択するのも一つの手です。
毎月一定の額を購入していくことにより、為替相場変動による影響を薄めることができます。
購入のタイミングを考えたり、結果に一喜一憂することなく、安定した投資をするためには最適な方法です。